お客様の生活を豊かにする為のお手伝いが基本です

ライフイベント表作成サービス

① 物件のご紹介以上にお薦めしたい無料サービス

住宅を持つことにより、家計にどれくらいの負担がかかってくるのか、どのくらいの予算でローンを組めばいいのか。   また売却計画にあっては、売れたお金で分譲マンションや賃貸マンションに移り住んだ後に、どれくらい余裕があるのかということが、実際の数字として見えなく不安をお持ちのお客様が多くいらっしゃいます。
そんな漠然とした不安に対して、各種統計から出された数値を使い、生活する上で必要となりそうな金額を試算し、今後の金銭の流れを予想いたします。

住宅ローンを組まれる方に最適なサービスです。 無料で作成いたしますので是非ご利用ください。

② 人生の三大支出は相互に影響します

一般的に人生には「子供の教育費」「住宅の購入費」「老後の生活費」の大きな三つの支出があります。それぞれの支出は相互に影響し合います。
支出が重ならない期間は順調に暮らせるものですが、さまざまな支出が重なる時期は、一時的にしても生活費がかなりの赤字になります。 最悪の場合、途中で生活が立ちゆかなくなってしまったり、最終的にやってくる老後資金に不足が生じたりするかも知れません。 そういう危機的状況になるかも知れない時期を事前に察知し、日頃から そうならないような対策を施しておくことが重要です。
人生のそれぞれのステージにおける資金計画は、一個々バラバラに見ていくのではなく、総合的に捉えていかねばいけません。 その結果次第では、ご予算額や不動産購入計画自体を見直すことも、ご提案させていただきます。

③ ご自身のライフイベントを「みえる化」してみること

それぞれの資金がいつ頃、どれくらい必要になってくるか、見当がつかない状態では、将来が不安で不動産購入どころではありません。
 その場の勢いだけで購入を断行すると、数年後、生活に余裕が無くなってきて、慌てられることになるかも知れません。
ファイナンシャルプランナーなどに家計診断を依頼された時に初めて、計画の甘さを指摘され、後悔することにもつながりかねません。
そのようなことがないよう、大きな資金を動かすときにはご自身のライフプラン(人生設計) を「みえる化」して、将来予想を立てることが、安心して暮らしていくのに大事であるように思います。

④ 住宅ローン借入額はライフプランから判断しましょう

「ローンについて」でご説明した資金計画は、購入されようとするその時点の収入状態から借り入れられる限度額を知る目安に過ぎません。  生活は生きている限り続くもので、ご本人のみならず、配偶者、お子様、ご両親にあっても密接にその影響を様々な形で受けることでしょう。
そのような重大な決断を、「なんとかいけそうだ」という感覚だけで資金計画をしていいのでしょうか。  一生涯を通してのお金の流れを把握し、無理のない資金計画にお役立てください。

代表者

京美ハウジング代表・宅地建物取引主任者・二級ファイナンシャルプランニング技能士の片岡です。

◇ 宅地建物取引士
◇ 二級FP技能士
◇ 賃貸不動産経営管理士

私がサポートさせて頂きます。

京都市空き家相談員です

空き家相談

空き家所有者や地域の方からの空き家に関する相談に応じるための研修を受けた京都市登録の相談員

(中京第16-016号)です。

あそしあ少額短期保険代理店

もしもの時に頼れる保険です。