不動産の媒介

媒介の流れ

ご自宅や別荘地の有効利用・売却をお考えの方に!

転勤生活環境の変化によりお引っ越しを余儀なくされ、現在ご使用中の住宅や
土地をどう活用するかお悩みの方 、お気軽にご相談下さい。
様々な視点からその物件の活用法を考え、より良いご提案をさせて頂きます。

① お問い合わせ下さい!

お電話、メール、ホームページ、FAX
ご都合の良い方法でお問い合わせください。
お伺いした内容は、「個人情報保護法」並びに「宅建業法」 を遵守の上、ご依頼内容のみに使用し、漏洩が起きないよう適正に管理、対策を講じます。

② 不動産の調査

  • 室内の確認・・・・・設備や室内の間取り、使用状況をチェックします
  • 土地の確認・・・・・大きさ、形状、接道状況、越境物などの調査

現地ではメジャーなどを使い計測します。間取り図など物件に関する資料をご用意ください。調査を 短時間で済ませることが出来ます。ご近所の方に知られたくない場合は、法務局など関係機関 を主体として、調査方法の配慮をさせて頂きます。その際、調査資料を取得するための委任状を頂く場合があります。

③ 活用方法のご提案

不動産の調査結果から、最適なご提案をさせて頂きます。

  • 築年数が古い物件や更地などでは、売却・駐車場・借地
  • 築年数の比較的新しい物件では、貸家・売却などご提案させて頂きます。

④ 運用のご依頼

提案した内容に承諾され、ご依頼いただく際は、ご相談して取り決めた内容を書面にまとめます。
その書面は「媒介契約書」と呼ばれ、売出し価格(お客様が弊社の査定を参考にお決めいただく価格のこと)や媒介会社(弊社)との義務や無事成約となった時の報酬額などの取り決めが記されています。
媒介契約には「一般」・「専任」・「専属専任」と弊社とお客様の契約義務の違いにより3種類有り、お客様のご要望によりご選択いただけます。

⑤ 営業活動

お客様のご依頼に少しでも早く応えられるよう「ポスティング、折込広告やインターネット、提携不動産ネットワークへの紹介、店頭への掲示、弊社顧客への告知、オープンハウスの実施など」を通して、購入または利用希望者を広く捜します。
「お隣さんには知られたくないので近隣へのチラシ配布やインターネット広告をして欲しくない!」などご要望がございましたらお気軽にお申し付けください。

⑥ 売買・賃貸借契約の準備

無事、購入・賃借希望者が見つかれば契約金額や手付け金、引き渡し時期など契約に関する必要事項を契約書にまとめさせていただきます。
売主、貸主として、ご希望条件をお伝えください。
物件を滞りなくお渡しできるようご準備いたします。

⑦ 契約の当日

  • 物件にかかわる法令上の特性や権利関係、設備や諸条件について記載した「重要事項説明書」をもって購入・賃借希望者様に事前に説明をしておきます。
  • 売買の場合は、ご契約者双方が立ち会いのもと、契約内容を確認していきます。「売買契約書」「契約約款」「権利関係の移転手続き」「鍵の受渡し」などを交わし、契約を無事完了させます。
    賃貸借の場合は、双方が契約に立ち会うことは少なく、契約書だけを当事者にまわして書類を完成させ、鍵の受け渡しなどは仲介者がおこないます。

代表者

京美ハウジング代表・宅地建物取引主任者・二級ファイナンシャルプランニング技能士の片岡です。

◇ 宅地建物取引主任者
◇ 二級ファイナンシャルプランニング技能士

私が責任を持ってサポートさせて頂きます。

京都市空き家相談員です

空き家相談

空き家所有者や地域の方からの空き家に関する相談に応じるための研修を受けた京都市登録の相談員(中京第2803-31号)です。

AIG損害保険代理店

もしもの時に頼れる保険です。